カートをみる マイページへログイン ご注文方法 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

表札の寿命と耐久性


表札の耐久性について

表札は一生ものでしょうか?応えはNOといえます。
表札はその時のご自分やご家族の状況の変化にあわせて、表札も替えていくのが自然であると考えます。

当店の表札は、街の看板と近い制作方法をとっています。
ベース素材のみ、ステンレスに変更して強度をアップしていますが、その他は同様です。

・電飾看板以外の通常の看板:アルミ複合板 + 塩ビ + UVフイルム
・当店の表札:ステンレス + 塩ビ + UVフイルム

電飾看板以外の通常の看板は、ベース素材に軽量でやや厚みのあるアルミ複合板を使用します。当店の表札はステンレスをベース素材にしていますので、強度は当然ながら看板より強くなります。ステンレスは硬くて錆びにくい素材です。メディアの塩ビ(デザイン部分)は、品質に定評のある3M製。メディアの塩ビを提供するメーカーの中では、一番信頼度が高いと言えるでしょう。これも看板制作に使用するメディアと同じです。最後にUVフイルムをかける事により色褪せを防ぎ、キズや汚れをガードします。
では、『何年もつか?』というのは使用環境により大きく左右されますので、はっきりと申し上げにくい所です。当店を開店する前の2009年3月から検証しているデータを申し上げますと8年以上経過していますが、品質は特に問題はありません。同じデザインの新品の表札を横に並べて比べると、やや色が浅くなっている程度です。(2017年12月現在)

木製の表札に関しましては3年程でひびが入ってくるものもありますし、石やタイル、アクリルの表札でも文字を塗ってあるものや吹き付けてあるものは数年ではげてきたり、薄くなってきたりするものもあります。 焼き付け塗装を行っている表札やステンレスをベースに文字を切りぬいている表札は耐久/耐候年数は高いのですが、自然劣化は避けられません。 新品の同じものと比べると、素材の色がやや浅くなるというイメージです。表札は主に屋外で使用しますので止むを得ません。
話は少しそれますが、テレビや家電にも寿命はありますし、車の塗装も年を追うごとに色が褪せてきます。ほとんどの商品・製品には寿命があるのです。

以上の事から、お客様の好きなデザインで感性にピンときた表札に出会えたら詳細を検証後、ご購入することをお進め致します。

表札2年保証

ページトップへ